敷布団をたたむメリット&デメリット

2019年11月15日(金)

敷布団をたたむメリット&デメリット

敷布団をたたむ事によるメリット&デメリット

敷布団を使っている家庭では毎日たたんで押し入れなどにしまうのが常識・・・かもしれませんが、実際のところ最近の家庭では毎日たたんで片付けることは出来てないようです。一室を寝室にしてしまっていると、なかなか毎日たたむ気にはなれませんよね。ですが、ここでは敷布団をたたむことの大切さをご紹介していきます。

【メリット】人は毎晩コップ1杯分の寝汗をかいているといいます。実は敷布団が吸い込んだその寝汗は、敷布団の下にある畳やフローリング(床)まで届いているのです。敷布団を毎日たたんで片付けることで、その畳やフローリング(床)まで届いた水分をしっかりと毎日乾燥させることができるのです。敷布団を敷いたまま長期間放置してしまうと、その水分がカビの原因となってしまうのです。特にジメジメと湿度の高い梅雨や、寝汗をたくさんかいてしまう要注意です。さらにメリットは?と聞かれれば、お部屋の見た目がスッキリしてお客様などを呼びやすい環境になること。ですが、寝室専用として一室使っているなら、こちらはあまり関係ない場合が多いでしょう。

【デメリット】一番は朝起きたあとにわざわざ「大きくて重たい敷布団を毎日たたむ」という手間が一番のデメリットといえるでしょう。ですが、朝起きた直後に敷布団をたたんで、押し入れなどに片付けてしまうと、一晩分の寝汗を乾燥させないまま風通しの悪い狭い場所に入れてしまうことになります。そうすると、せっかく手間をかけて敷布団をたたんだのに、畳やフローリング(床)が乾燥出来たとしても、肝心の敷布団が湿ったままで結局カビの原因になってしまうという恐れもあります。なので、起きてすぐは掛け布団をめくった状態で、敷布団と掛布団の内側の水分や熱を約20〜30分くらい放出させてからたたんで収納することをオススメします。

敷布団のたたみ方と収納方法

敷布団をたたんで片付けた方が良いと思っても、ではどうやってたたむ方法が良いのか悩んでしまいますよね。一言で敷布団をたたむと言っても、3つ折にしたり、アルファベットのZのような折り方だったり、2つ折りっだたり・・・など意外と方法がありますよね。ですが、上記で説明した朝起きてすぐに敷布団をたたんで収納してしまうのではなく、約20〜30分だけでも熱を逃がした後にたたんで収納すれば、敷布団のたたみ方はどんな方法でもさほど問題はないようです。

たたみ方よりも重要なのは、たたんだ後に収納する場所の環境です。例えば、収納する押し入れにすのこを敷いて、その上に敷布団を置くなど風通しをよくすることが大事なのです。冬用や夏用として使っている敷布団の場合は、長期間押し入れに敷布団を入れっぱなしにすることになります。そんな時は、押し入れの扉を定期的に開けて乾燥させたりするなどの管理をすることで、入れっぱなしで放置するよりも湿気やカビ対策として効果的です。

敷布団をたたまない場合のお手入れ

敷布団は毎朝たたんで収納した方が、敷布団のためにも畳やフローリング(床)のためにも良いと分かっていても、なかなか毎日たたむ事は難しいですよね。

ここでは、たたむ事以外で簡単な敷布団のお手入れをご紹介致します。

【掛け布団をめくったままにしておく】敷布団は毎朝乾燥させるために干すのが一番ですが、そんな面倒なこと毎日は難しいですよね。そこで、敷布団と掛布団の間の水分や熱を逃がして乾燥させるために、朝起きたら掛け布団をめくったままにしておきます。たたんで押し入れに片付けるまで出来なくても、最低限ですがこういった事をするだけでも布団の湿気を逃がせます。

【折りたたみ式すのこで乾燥】すのこは湿気などをこもらせない便利な道具ですが、そのすのこには折りたたみ式のものがあります。2つ折にして三角△の形に立てかけることが出来るので、敷布団を敷いたまま2つ折にすると敷いたままの状態よりも乾燥させやすい状態になるスグレモノです。出かける前に立てておくと楽に乾燥させることが可能です。

この他にも方法はあるようですが、やっぱり敷布団に湿気をこもらせない一番の方法は、朝の20〜30分間水分や熱を放出させてから、きちんとたたんで収納するのが良いようですね。畳やフローリング(床)のためにもなるので、一石二鳥ですね。

ですが、敷布団の素材の通気性なども関係してくるので、素材を確認して自分の敷布団に合った方法と対策を行って下さいね。