― 布団辞典 お布団にお悩みの方必見コラム ―

布団辞典 ~布団にお悩みの方必見コラム ~

敷布団の裏表の見分け方

敷布団に裏表ってあるの?

敷布団に裏表はあるのでしょうか?先に結論から申し上げますと、敷布団によって裏表のあるものと無いものがあります。しかし、「どうやって裏表を見分けたらよいかわからない・・・」「うちの敷布団には裏表あるの?」という方が多いと思います。布団を購入する前であれば布団のカタログや通販サイトのページを見れば説明がなされていますが、いま使っている布団は調べようがないですよね・・・。そこで、これから敷布団の裏表の代表的な見分け方をご紹介していきます。※すべての敷布団に当てはまるわけではないので、あらかじめご了承ください。

裏表のある布団

裏表のある敷布団は、布団の種類によって見分け方が異なってきますので、見分け方が簡単なものからご紹介していきます。

和布団(綿布団)

まずは和布団(綿布団)といわれる布団です。和布団とはキルティングがなされていない中綿を生地で巻いて糸で留める昔ながらの布団で、一見表裏がないように見えますが留めている綴じ糸の房がある方が表なのです。ちなみに座布団も同じように綴じ糸の房がある方が表になりますので、覚えておくとよいでしょう。

その他の布団(機能性布団)

次に表と裏で素材の違う布団があります。春夏用、秋冬用と使い分けるために異なる生地を使った通年使える布団や、最近ではプロファイルウレタン(波型に加工されているウレタン)を使用した耐圧分散敷布団や素材の機能性(発熱性・保温性)などを活かして複数の素材の組み合わせで作られた機能性布団などがそうです。

 

 

このような布団は端に付いている品質表示タグを見ると一目瞭然です。メーカーにもよりますが、写真のように(上層・中層・下層)というように素材の組み合わせ方が書いてあります。つまりこの布団は裏表があるということです。では、どうやって裏表を見分けるのか・・・。答えは隣にあります。『こちらの面を上にしてご使用ください』・・・親切ですね!

 

ところがすべての布団にこの表示がされているわけではありません。では表示がない布団はどうやって見分けるのでしょうか・・・。答えは、品質表示が付いている面が表です。え!?と思う方もいるかもしれません。洋服と同じように外から見えない裏面にあると思いがちですが、お布団の場合は違うのです。恥ずかしながら私もこの業界に入るまでは品質表示がある側が裏だと思っていました。布団作りの職人さんの話だと、上から見たときに表裏をわかりやすくするために表に付けているそうです。

余談ですが、布団には裏表だけではなく向きも決まっていて、品質表示が付いている方が足元になるので、お客様に布団を出す際などは気を付けておくとよいでしょう。

裏表のない布団

実は裏表のない敷布団の種類は意外と少なく、裏も表も構造が同じ作りになっているものに限られるのです。敷布団に付いている品質表示のタグの内容を確認することで見分けることも可能ですが、実際は裏表の表記がない場合も多いので見た目だけで判断するのは難しいです。

一般的には、中芯(固わた)の使われていない布団(和布団を除く)や、中芯(固わた)に中綿を巻いただけの機能性のないシンプルな作りの布団は裏表がありません。

買う前、使う前に確認

せっかく布団を買ったのに表裏を間違えてしまったがために、その布団の持つ機能が十分に発揮されていない!ということが起こりえますので、布団を買う際・使う際は表裏を必ず確認することが大切です。お店で実際に見て購入する場合は店員さんに確認を、インターネット通販で購入する場合は、断面図などの絵で解説されていることが多いのでチェックを忘れないようにしましょう。

敷布団にピッタリなローベッド

ローベッドとは

見た目におしゃれな高さの低いベッドのこと、と言うとイメージがわくでしょうか。

短い足付きの上に敷布団やマットレスを置くタイプ、ベッドフレーム内に床板1枚敷いて敷布団やマットレスを落とし込むようなタイプがあります。床板がすのこになっているものもあります。

ローベッドのメリット

・空間が広くなるため部屋が広く感じる

・スタイリッシュ

・小さなお子様の寝相が心配でベッドに寝かせられない場合でも、もしもの転落など起こった場合でも普通のベッドよりは安心

その他にも、人によってはマットレスを普通のベッドに敷いた時の高さが苦手で低い寝床が安心と感じる方。今は布団で床に寝ている方が、上げ下ろしが面倒でそのまま寝具を買い換えずにベッドにしたい時など。

ローベッドのデメリット

・ベッドフレームがすべて床に接している場合、湿気がたまりやすく掃除がしにくい

・高さのあるベッドより起き上がりにくい

この2点、かなり大きなデメリットとなります。

フレームがすべて床に接している場合、当然空気の通り道がなく、足腰が悪い方など、朝一の目覚めが良くても起き上がりにひと頑張りしないといけないというのはつらいものですね。

一晩にコップ1杯程度の寝汗をかくと言われていますが、それが毎日ベッドフレーム内に閉じ込められていると考えたらゾッとしますね。そしてそのフレーム内は通気が悪いため、湿度が上がってしまうというわけです。

ローベッドの掃除

普通のベッド下ならば、掃除機で埃を掃除できますね。ローベッドの場合、掃除機ノズルがベッド下に入らない。そもそも、フレームが全て囲んでいる場合のベッド下の埃は目に見えない。たまにマットレスや布団を上げた時に目をつぶってしまいたくなるような光景があったりと。

勢いでスタイリッシュなローベッド購入をしてしまった場合、お掃除面で大きな手間がかかることになってしまうかもしれません。それでもお気に入りのスタイリッシュなベッド、頑張ってお掃除したいものですね。掃除機ノズルが入らなくても、自動掃除機やクイックルワイパーなど使えたらラッキーですね。それもダメで、解体お掃除が必要なローベッドもあるようです。

快適な睡眠環境を求める私達にとっては、ベッド周りのお掃除は欠かせません。なるべく手間を掛けずに快適な睡眠環境を手に入れたいのは当然ですね。その場合、勢いで見た目だけで購入しがちなローベッドですが、お掃除面で苦労することが多いという事を頭に入れて検討するべきでしょう。

ローベッドに敷布団

ベッドには普通マットレスですよね。それがローベッドになると、敷布団をオススメしているベッドもたくさんあります。

普段、畳や床に敷布団を敷いて寝ている方がローベッドにそのままの寝具を使うことができます。寝ている環境としても、天井までの距離など大きく変わらないので、布団にこだわりがある方でも大丈夫かもしれませんね。

敷布団の場合、すのこローベッドを使われる方が多いようです。確かに、一枚板よりも通気がよくなり湿気によるカビの心配も少なくなるでしょう。さらにオススメな方法としては、敷布団の下に除湿シートを敷くとカビの心配から開放されるかもしれません。

小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、高さの低いローベッドを連結したりしているご家庭もあるようです。その場合、比較的高価なマットレスを買わなくても、敷布団の大きなサイズのもので大丈夫なので経済的です。もしものお子様の転落でも少ない傷ですむかもしれません。

このようにローベッドならではのメリットもたくさんあります。それぞれの目的に合ったローベッド選びができれば、最高の睡眠環境に一歩近づけるかもしれませんね。

 

 

 

 

やわらかめの敷布団と、かための敷布団の違い

敷布団の『かたい』『やわらかい』どちらがお好みですか

敷布団あるいはマットレスを買い替える場合、かためのものとやわらかめのもの、どちらを選びますか?

睡眠は一日の約3分の1の時間をしめています。ゆっくり眠りたい、疲れをなるべくとりたいなど、睡眠の質とはとても重要なことに思います。たくさん寝たはずなのになんだかスッキリしない、起きたときに体に痛みがある、腰が痛いなど感じたことありませんか?もしかしたら、寝ている間に体に負担がかかっているかもしれません。

立っているときは足に重力がかかりますが、寝ていて仰向けになっている状態では、頭や腰、背中や足などに重力がかかっています。特に腰にはかなりの負荷がかかります。つまり、うまく均等に体圧を分散させて、身体への負担を減らす敷布団・マットレスを選ぶ必要がありますよね。

では、かためのものとやわらかめのもの、どちらが自分にあったものでしょうか。

かための敷布団・マットレス

昭和時代の日本の家庭で使われていたのは、すごく薄くてかたい綿の敷布団、いわゆる『せんべい布団』がほとんどだったのではないでしょうか。ふわふわの綿の敷布団は腰に悪いと考えられていたようで、『せんべい布団』がいいものだとされていたようです。

最近でも布団をあまり干す事をしない学生さんや、一人暮らしでなかなか干せない方なんかは、自然にせんべい布団になっているかもしれませんね。

かたい『せんべい布団』では床が直接身体を支えてくれる形になり、多少腰への負担は少ないように感じられます。うつぶせ寝になった時も、意外に寝心地が悪くなかったりもします。しかし寝返りなどで横向きになった場合は、肩と体の他の場所が痛くなったりなどの経験ありませんか。寝心地としてはかなりよくないものだと思われます。

 

 

やわらかめの敷布団・マットレス

やわらめの敷布団・マットレスは、体を包み込むようなやさしい寝心地で大変魅力的ではあります。横になった時のふんわり感で寝心地が良い感じもしますが、どうしても体を支える力が弱いこともあり、特に腰辺りが沈み込む形になって腰痛の原因になる可能性があります。

からだが安定しないため、寝返りが打ちにくくなります。寝返りをするのが容易でないため筋力を使う事となり、逆に起きた時に疲労を感じるようになってしまうかもしれません。また体が安定しない事により不自然な寝姿勢になってしまって、背中や腰に負担をかけてしまう事になるでしょう。

また、体が包み込まれるような感じが逆に、寝苦しさを感じたりもします。夏などは特に通気性が悪く感じたり、暑苦しさも感じて熟睡できなくなってしまうかもしれません。

適したかたさはあるのでしょうか?

バランスよく体を支えてくれる敷布団で、腰など1箇所にかかってしまう負荷をうまく拡散し、理想的な寝姿勢を保てるとされている体圧分散式の敷布団・マットレスがあります。
普通の敷布団に横になると、腰の部分1点に、特に負荷がかかってきます。そうするとそこの部分だけが沈みこんでいき、腰が痛くなるという事になってしまいます。

体圧分散式の敷布団・マットレスは、その1箇所にかかってしまう負荷をバランスよく体重分散し、横から見ると体の一部が沈み込むという事がなく、フラットな状態になります。つまり1つの敷布団・マットレスでほどよい『かたさ』と『やわらかさ』があるということになりそうですね。

こういった敷布団・マットレスは寝返りも容易にできるものが多く、寝返りをうつことによる疲れなどを感じることがなくなるかもしれないでしょう。

敷布団の『かため』、『やわらかめ』の好みは、実際横になってみてご自分の寝姿勢や寝返りなどでお試しして見つけてみてください。

 

色々なお布団の収納方法

布団の収納めんどくさい?

季節物のお布団の保管状態はいかがでしょうか。夏物のタオルケット、敷パッド、枕などの比較的小さいものは大丈夫ですが、冬物の羽毛の掛布団、毛布、来客用の布団セットなどは場所もとるし、上手に保管しておきたいものですね。

収納場所も気になる所。長期間入れっぱなしになってしまう事もあります。私のようなめんどくさがりな人は、使用する機会がなければ全然出し入れしないってこともありますよね。マメな人は、使用してなくてもこまめに干したりなど、出し入れも多いでしょう。

どちらにしても、収納場所、それから収納の仕方って大事ですよね。ここを工夫すれば、私のようなめんどくさがりな人も、マメな人もより簡単にお布団のお手入れ、収納ができるわけです。

先日ホームセンターに何かいいものがないかと探しに行ったところ、ほんとにいろんな種類の収納グッズがありました。これらをうまく活用すれば簡単で上手な収納ができるでしょうか。

収納袋でしまう

通気性などを考えると、クローゼットや押入れなどに布団をそのまま収納したほうがいいのかなと思ったりもしました。でも置きっぱなしの布団は思ったよりもホコリなどが付着するし、ダニの侵入も考えられます。せっかく干して綺麗にした布団なので収納袋に入れて保管したいですね。

ホームセンターで売られている収納袋のほとんどに不織布が使われています。不織布は多孔質構造で通気性がいい素材なので、湿気の溜まりを防ぎ、カビなどを抑制することができます。また最近の収納袋には、防虫剤を入れることができる防虫剤ポケットがついているものも沢山みられますね。これでダニなどの害虫侵入を防止する事ができます。

収納袋を大きさ別に見ると、実に沢山の種類があります。掛布団用、敷布団用、枚数別やサイズ別、掛・敷・枕セット用などなど。押入れやクローゼットのサイズは各ご家庭で様々なので、しっかり測ってそこにあったサイズの物をホームセンターで探せるといいですね。

私がオススメしたいのは、掛布団、敷布団、毛布など、1枚ずつ個別に収納袋に入れる方法です。セットで入れればわかりやすいとか、収納袋をなるべく少なくとか思いがちですが、布団って1つだけ取り出すという事が意外に多い。ですので何枚か一緒に入れておくと取り出しにくいものです。

あと平置きで積み重ねて収納しがちですが、特に掛布団はできるのであれば、軽く圧縮して、なるべく薄くして縦置きをオススメします。

圧縮袋でしまう

空気がたくさん含まれている、掛布団や敷布団。ぺちゃんこにすれば収納力はもちろんグッとあがります。

種類もたくさんあり、サイズ別にもあります。主に掃除機で中の空気を抜くタイプの物と、手で圧縮させるものがあります。

掃除機を使うタイプはオートバルブ式の物とそうでないものがあります。オートバルブ式は袋の端にバルブがあり、そこから掃除機で空気を抜いて、離すと自動的にふさがるというもの。

そうでないものは、入り口のチャックから掃除機で空気を抜き、終わったら急いでチャックを閉めるというもの。作業としてはちょっと大変そうですね。

手で圧縮させるタイプの物は、つぶして圧縮させるため、掃除機で空気を抜くタイプと比べたら圧縮率は低くなってしまいます。

あまり大きいものには向かないのかなと思われます。

いろんなホームセンターで、さまざまなタイプがありますので確認してみるといいですね。

ただリスクとしては、羽毛布団を圧縮しすぎると中の羽毛を痛めてしまう可能性があるので、やりすぎには注意したほうがいいかもしれませんね。せっかっくのふわふわ感がなくなってしまってはもったいないですし。

また時間がたつと、若干圧縮が戻ってしまう可能性があるので、収納するときに空間に余裕を持たせるとよいでしょう。

インテリアにする?!

最近ネットでもよく見かけますが、収納袋に入れた布団をソファー代わりにするという商品があるようですね。

確かにワンルームのマンションなどにはそれほど収納場所がなかったりもするし、そのままお部屋のインテリアにしてしまえば一石二鳥。デザインがかわいいものもたくさんあります。

こんな収納方法もいかがでしょうか。

敷きパッドは敷布団に必要です!!

敷きパッドが必要な理由

敷きパッドと聞いて思い浮かべるのが、夏の冷感敷きパッド、冬の暖か敷きパッドです。

我が家では、敷きパッドは手軽に睡眠環境を改善できるグッズなのです。

睡眠時の温度調節ができ、こまめに手軽にお洗濯できます。

清潔な睡眠環境を維持しやすいということなのです。

お値段も敷布団や布団カバーよりもお安く、お手頃なもので1000円弱から購入することもできます。

夏の敷きパッド

温暖化の影響でしょうか、毎年夏がこんなに暑かったかなと思ってしまうくらい『今年の夏が一番暑い』と口にしている気がします。

ひんやり、クール、ドライ、アイスジェル、接触冷感・・・など、涼しさを連想させるような敷きパッドが毎年登場してきますね。本当にすべて、涼しく快適な睡眠環境をサポートしてくれるのでしょうか。

商品によっては、触った瞬間の冷たさを数値で評価する接触冷温感評価値(Q-max)というものが表記されているものもあります。この数値が高ければ高いほど冷たさを感じるらしいのです。0.2以上あれば、ひんやり感じるとされています。

敷きパッドでも天然素材派と化学繊維派で好みが分かれると思います。

夏の天然素材敷きパッド

天然素材では、最も優れた吸湿性と放湿性を併せ持つのが麻なのです。熱伝導性も高く、からだにこもった熱を吸収してくれるため寝苦しさを感じにくいというわけなのです。ということで、麻は夏の敷きパッドには最適と考えられています。

麻は、肌に触れた時にシャリ感があり、寝汗をかいてもベタつきを感じることがありません。表生地以外にも、中綿にまで麻わたが使われているものもあります。最高の吸湿発散を求めるならばおすすです。

お値段は化学繊維の敷きパッドに比べると10000円くらいからと高価な物が多いようです。

天然素材の場合、その敷きパッドに横になった瞬間の肌に感じる冷たさというよりも、一晩過ごした時の朝に感じる清々しい爽快感が期待できそうですね。

夏の化学繊維素材の敷きパッド

とにかく暑くて暑くて眠れない。横になった瞬間にヒヤッと分かりやすく冷たさを感じたい方にはおすすめな高機能な化学繊維を使った敷きパッド。

夏の敷きパッドの主な化学繊維としては、ナイロン、ポリエステル、ポリエチレンなどがあります。

素材を加工し鉱石を配合するなどのして冷たさを表現したり、キシリトールやエリスリトールを生地に配合したりするなど、各メーカー様々な工夫を凝らしているようです。

冬の敷きパッド

みなさん、冬の敷きパッドに何を求めるでしょうか?

見た目が暖かそうで、ふんわりしていて触りたくなるよな肌触りがあればつい買ってしまいそうになりませんか。

お値段もお手頃で見た目に暖かなものでは、ポリエステル素材のマイクロファイバーや毛足が長く起毛している素材などは人気ではないでしょうか。

その他にも自然素材で、アルパカ、キャメル、カシミヤ、ウールなどの動物の毛から作られた敷きパッドもあります。

これら動物の毛は、どんな環境の中でも人に必要な湿度や温度を保ってくれる能力があるのは言うまでもありません。

最高の暖かさを求めるならば、とてもよいものですね。ただしお値段は高価なものが多いようです。

敷きパッドの使用年数

ひとそれぞれ求める敷きパッド、何を最重要に考えるのかが違いますね。

敷きパッド、ワンシーズンの寿命と考える方も多いようです。

春夏用をワンシーズン使って来年のために収納するのではなく、お値段もお手頃なものから選び来年はまた新しいものを購入するという話し、よく聞きます。

収納スペースを考える必要もなく、収納している間のダニなどの発生を心配する必要もなく割り切った方法かもしれませんね。

本物志向の方には、高価でも耐久性がありよいものを購入し満足度の高い敷きパッド選びをすることで生活の質も向上しそうですね。

1 2 3 4 5 9