冷え性対策グッズの紹介

冷え性、自分は大丈夫って思っていませんか?

冷え性と聞くと

「手足が冷えてつらい」

「ひざ掛けや毛布が手放せない」

「一日中厚着している」

といったイメージがありますが、冬場は何となく疲れやすい、風邪が治りにくい、肌が荒れる、などといった症状も冷え性が原因となっている場合があります。

自覚がなくても実は隠れ冷え性だったという可能性が誰にでもあるのです。

身体が冷えを感じ体温が低くなると免疫力が低下し、体調を崩しやすくなります。

また、イライラや不眠、肌荒れや生理不順など、様々な不調につながっていきます。

そうなる前に運動や生活習慣を見直し冷え性を改善していきたいですね。

本当は怖い、お布団の湿気

いつも寝ているお布団にも冷え性の原因となるものがあります。

そのひとつが「湿気」。

寝ている間にかいた汗などから湿気が布団にたまり、それが身体から熱を奪います。

すると身体は大事な内臓からあたためようと血流を身体の中心部に集め、その結果、手足にまで熱がいきわたらなくなり、強い冷えを感じるようになります。

お布団に湿気をためないこと、それが冷え性の改善につながる方法のひとつになるでしょう。

わらっておはようでは、冷え性の女性スタッフも愛用している「吸湿・速乾・朝まであたたか」が特徴のカバー、ドリームコールシリーズや高い通気性・速乾性を誇るブレスエアーシリーズの取り扱いがございますので是非ご検討くださいませ。

おふとん、かさねすぎていませんか?

寒いから、とおふとんをかさねすぎるのは冷え性には逆効果になるかも知れません。

冷え性の主な原因は血流が悪くなっているから。

おふとんが重いと体を圧迫してその分血流が悪くなってしまいます。

そこで軽くてあたたかい羽毛布団と毛布の組み合わせ。

羽毛布団は、身体からの熱を蓄えさらにふっくらとなります。

その熱を逃がさないよう、羽毛布団の上に毛布を重ねるとさらに保温力が高まります。

ここで注意したいのが毛布の重さ。

かさねる毛布が重いとせっかく熱を蓄えてふっくらとした羽毛がつぶれてしまいますので、その場合は中に重ねるほうがいいかもしれません。

最近では、布団カバーと毛布が一緒になったカバー毛布といったものもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

電気毛布や電気敷布団のご利用は計画的に。


寒い冬には手軽にあたたかくなる電気毛布が欠かせない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、電気毛布も頼り切ってしまうと自分自身の体をあたためる力が低下してしまい、冷え性がひどくなる可能性もあるので注意が必要です。

効果的な使い方としては、お腹回りを温めることで、身体に「中心部をあたためる必要はない」と認識させ、手足のほうに血流が流れるようにするとよいかもしれません。

また、わらっておはようで取り扱っている電位温熱敷き布団には、電位治療で血行を促進する効果もございます。

冷え性を改善する効果も大いに期待できますのでご一考してみてはいかがでしょうか。