敷布団にピッタリなローベッド

投稿日: カテゴリー ベッドで選ぶ
Pocket

ローベッドとは

見た目におしゃれな高さの低いベッドのこと、と言うとイメージがわくでしょうか。

短い足付きの上に敷布団やマットレスを置くタイプ、ベッドフレーム内に床板1枚敷いて敷布団やマットレスを落とし込むようなタイプがあります。床板がすのこになっているものもあります。

ローベッドのメリット

・空間が広くなるため部屋が広く感じる

・スタイリッシュ

・小さなお子様の寝相が心配でベッドに寝かせられない場合でも、もしもの転落など起こった場合でも普通のベッドよりは安心

その他にも、人によってはマットレスを普通のベッドに敷いた時の高さが苦手で低い寝床が安心と感じる方。今は布団で床に寝ている方が、上げ下ろしが面倒でそのまま寝具を買い換えずにベッドにしたい時など。

ローベッドのデメリット

・ベッドフレームがすべて床に接している場合、湿気がたまりやすく掃除がしにくい

・高さのあるベッドより起き上がりにくい

この2点、かなり大きなデメリットとなります。

フレームがすべて床に接している場合、当然空気の通り道がなく、足腰が悪い方など、朝一の目覚めが良くても起き上がりにひと頑張りしないといけないというのはつらいものですね。

一晩にコップ1杯程度の寝汗をかくと言われていますが、それが毎日ベッドフレーム内に閉じ込められていると考えたらゾッとしますね。そしてそのフレーム内は通気が悪いため、湿度が上がってしまうというわけです。

ローベッドの掃除

普通のベッド下ならば、掃除機で埃を掃除できますね。ローベッドの場合、掃除機ノズルがベッド下に入らない。そもそも、フレームが全て囲んでいる場合のベッド下の埃は目に見えない。たまにマットレスや布団を上げた時に目をつぶってしまいたくなるような光景があったりと。

勢いでスタイリッシュなローベッド購入をしてしまった場合、お掃除面で大きな手間がかかることになってしまうかもしれません。それでもお気に入りのスタイリッシュなベッド、頑張ってお掃除したいものですね。掃除機ノズルが入らなくても、自動掃除機やクイックルワイパーなど使えたらラッキーですね。それもダメで、解体お掃除が必要なローベッドもあるようです。

快適な睡眠環境を求める私達にとっては、ベッド周りのお掃除は欠かせません。なるべく手間を掛けずに快適な睡眠環境を手に入れたいのは当然ですね。その場合、勢いで見た目だけで購入しがちなローベッドですが、お掃除面で苦労することが多いという事を頭に入れて検討するべきでしょう。

ローベッドに敷布団

ベッドには普通マットレスですよね。それがローベッドになると、敷布団をオススメしているベッドもたくさんあります。

普段、畳や床に敷布団を敷いて寝ている方がローベッドにそのままの寝具を使うことができます。寝ている環境としても、天井までの距離など大きく変わらないので、布団にこだわりがある方でも大丈夫かもしれませんね。

敷布団の場合、すのこローベッドを使われる方が多いようです。確かに、一枚板よりも通気がよくなり湿気によるカビの心配も少なくなるでしょう。さらにオススメな方法としては、敷布団の下に除湿シートを敷くとカビの心配から開放されるかもしれません。

小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、高さの低いローベッドを連結したりしているご家庭もあるようです。その場合、比較的高価なマットレスを買わなくても、敷布団の大きなサイズのもので大丈夫なので経済的です。もしものお子様の転落でも少ない傷ですむかもしれません。

このようにローベッドならではのメリットもたくさんあります。それぞれの目的に合ったローベッド選びができれば、最高の睡眠環境に一歩近づけるかもしれませんね。

 

 

 

 

Pocket