色々なお布団の収納方法

投稿日: カテゴリー 敷布団の収納
Pocket

布団の収納めんどくさい?

季節物のお布団の保管状態はいかがでしょうか。夏物のタオルケット、敷パッド、枕などの比較的小さいものは大丈夫ですが、冬物の羽毛の掛布団、毛布、来客用の布団セットなどは場所もとるし、上手に保管しておきたいものですね。

収納場所も気になる所。長期間入れっぱなしになってしまう事もあります。私のようなめんどくさがりな人は、使用する機会がなければ全然出し入れしないってこともありますよね。マメな人は、使用してなくてもこまめに干したりなど、出し入れも多いでしょう。

どちらにしても、収納場所、それから収納の仕方って大事ですよね。ここを工夫すれば、私のようなめんどくさがりな人も、マメな人もより簡単にお布団のお手入れ、収納ができるわけです。

先日ホームセンターに何かいいものがないかと探しに行ったところ、ほんとにいろんな種類の収納グッズがありました。これらをうまく活用すれば簡単で上手な収納ができるでしょうか。

収納袋でしまう

通気性などを考えると、クローゼットや押入れなどに布団をそのまま収納したほうがいいのかなと思ったりもしました。でも置きっぱなしの布団は思ったよりもホコリなどが付着するし、ダニの侵入も考えられます。せっかく干して綺麗にした布団なので収納袋に入れて保管したいですね。

ホームセンターで売られている収納袋のほとんどに不織布が使われています。不織布は多孔質構造で通気性がいい素材なので、湿気の溜まりを防ぎ、カビなどを抑制することができます。また最近の収納袋には、防虫剤を入れることができる防虫剤ポケットがついているものも沢山みられますね。これでダニなどの害虫侵入を防止する事ができます。

収納袋を大きさ別に見ると、実に沢山の種類があります。掛布団用、敷布団用、枚数別やサイズ別、掛・敷・枕セット用などなど。押入れやクローゼットのサイズは各ご家庭で様々なので、しっかり測ってそこにあったサイズの物をホームセンターで探せるといいですね。

私がオススメしたいのは、掛布団、敷布団、毛布など、1枚ずつ個別に収納袋に入れる方法です。セットで入れればわかりやすいとか、収納袋をなるべく少なくとか思いがちですが、布団って1つだけ取り出すという事が意外に多い。ですので何枚か一緒に入れておくと取り出しにくいものです。

あと平置きで積み重ねて収納しがちですが、特に掛布団はできるのであれば、軽く圧縮して、なるべく薄くして縦置きをオススメします。

圧縮袋でしまう

空気がたくさん含まれている、掛布団や敷布団。ぺちゃんこにすれば収納力はもちろんグッとあがります。

種類もたくさんあり、サイズ別にもあります。主に掃除機で中の空気を抜くタイプの物と、手で圧縮させるものがあります。

掃除機を使うタイプはオートバルブ式の物とそうでないものがあります。オートバルブ式は袋の端にバルブがあり、そこから掃除機で空気を抜いて、離すと自動的にふさがるというもの。

そうでないものは、入り口のチャックから掃除機で空気を抜き、終わったら急いでチャックを閉めるというもの。作業としてはちょっと大変そうですね。

手で圧縮させるタイプの物は、つぶして圧縮させるため、掃除機で空気を抜くタイプと比べたら圧縮率は低くなってしまいます。

あまり大きいものには向かないのかなと思われます。

いろんなホームセンターで、さまざまなタイプがありますので確認してみるといいですね。

ただリスクとしては、羽毛布団を圧縮しすぎると中の羽毛を痛めてしまう可能性があるので、やりすぎには注意したほうがいいかもしれませんね。せっかっくのふわふわ感がなくなってしまってはもったいないですし。

また時間がたつと、若干圧縮が戻ってしまう可能性があるので、収納するときに空間に余裕を持たせるとよいでしょう。

インテリアにする?!

最近ネットでもよく見かけますが、収納袋に入れた布団をソファー代わりにするという商品があるようですね。

確かにワンルームのマンションなどにはそれほど収納場所がなかったりもするし、そのままお部屋のインテリアにしてしまえば一石二鳥。デザインがかわいいものもたくさんあります。

こんな収納方法もいかがでしょうか。

Pocket