代表取締役会長

久次米 展男

くじめ のぶお

幼少の頃から「人のお役に立つために、生まれて来たんだ」と聞かされて育ちましたが、生来ヤンチャな性格で、親を困らせていました。その後28才で後を任せられてからは、仕事一筋に変わり、どうしたら世のため人のためになるかと、日々過ごす内に、自然とご先祖様のささやく声が聞こえるようになり、人のお役に立てた時に、本当にその喜びを感じるようになりました。
後年自分が坐骨神経痛に悩むようになり、いろいろなメーカー品を試してみましたが、どうしても満足がいかず、それなら自分で作ろうと決心し、試行錯誤した中で、やっと、これならお客様に自信を持てお薦めできる、最高の逸品が完成しました。これこそ創業117年の集大成であり、また伝統と技術の集大成であると確信しております。実店舗の方でもすでに300余名のお客様にもご購入いただき、その良さを実感していただいております。
是非、皆様にも体感していただき、ご納得していただきたいと思います。最後に私も74歳になりましたが、まだまだ現役で体が動く間は、お役に立てるように働かせていただきたいと思っています。