パジャマを着るならガーゼ生地がおすすめ!

投稿日: カテゴリー 和晒しガーゼ
Pocket

肌触りが最高に気持ちいい♪

パジャマには様々な素材が使われています。昔から変わらない綿や麻、ポリエステルなどに加えて、少しお値段高めなシルクやリヨセル、など素材ごとに色々な特徴を持っています。色々なパジャマを試してみましたが、一番しっくりしたのが綿を使用したガーゼパジャマでした。ガーゼパジャマがどのようなものなのか、実際に使っている感想も交えながらご紹介してきます。

    目次

  1. 使っている感想
  2. ガーゼパジャマのいいところ
  3. 和晒しガーゼとは
  4. パジャマを今夏発売に向けて制作中!
  5. 和晒しガーゼを使用したおすすめ商品

 

使っている感想

ガーゼパジャマを着始め、まだ1年弱の感想ですが、こんなにストレスを感じない身にまとうものがあったのだろうかという印象です。

からだのどこにも締めつけ感はなく、肌に触れた感じはしっとりやわらか。襟元は開衿タイプではないのですが、まったく詰まった感じはありません。一番上のボタンを開けて開衿タイプにすることもできますが、この心地よい肌触り、なるべく肌に触れさせたくなります。

パジャマ選びが難しい敏感肌の方や、年配のかたにも是非おすすめしたいパジャマです。

パジャマのかたち自体はオーソドックスなタイプなのですが、素肌に触れたときの優しい肌触りと、まったく動きを妨げないパジャマのかたちに最高の睡眠が得られます。朝起きて脱いだ後、着る前とはまったく違う私のからだを形どったようなかたちになっているのです。ガーゼパジャマは着る人の体型を選ばないパジャマなのでしょう。

その後、洗濯機に入れジャブジャブ洗い干して乾かしたパジャマは、またもとのかたちのもどっています。乾きも早いため、朝洗濯して夜また着るということも可能です。洗えば洗うほど、肌触りがよくなっていきます。それが、この和晒しガーゼパジャマの、他のガーゼパジャマとの違いではないでしょうか。

個人的には、もっと早くにこのパジャマにたどりつきたかったです。もう何年も前の話になるのですが、妊娠中のパジャマ選びに苦労したことを覚えています。お腹が大きくなるにつれ、お腹部分の皮膚はもちろん乾燥がひどくなり過敏な状態が続きます。ホルモンバランスの関係でしょうか、他も全体的に普段よりも過敏な状態でした。妊婦さん用のパジャマはデザインや機能重視では、とてもかわいいものや便利なパジャマがありました。出産後も着ることができ、授乳期にもよいということでした。・・・・が、なんと我が娘の皮膚は敏感で授乳中にそのパジャマが顔に触れると、その部分だけが赤くなってしまっていたのです。せっかく、かわいく機能的なパジャマでしたが赤ちゃんが誕生する前の2~3ヶ月ほどしか着ることができませんでした。

この和晒しガーゼパジャマは、ガーゼ生地を晒す工程で薬品や化学物質を一切使わずに、酵素や天然水が使われているので安心です。ホルムアルデヒド値も、ベビー用品の基準を大幅に下回る数値が証明されています。これほど赤ちゃんにとって安心な生地はないのではないでしょうか。

このガーゼパジャマを着るようになってからは、この肌触りにやみつきになりました。なるべく素肌に直接触れさたいため、冬はパジャマの上に1枚はおり、布団に入る直前に脱いで掛け布団をけけるとポカポカと暖かくとても心地よい睡眠につけるようなりました。冬の乾燥する肌の過敏になった状態も和らぎました。普通のガーゼよりも、しっとりしているような感じがします。なによりも、あの嫌なパチッとする静電気を感じないという信頼感も私には嬉しいのです。冬だからと言って厚手のパジャマを着て寝ていたのが普通だと思っていましたが、比べるととてもストレスを感じる睡眠環境でした。

春~秋にかけては、もちろんガーゼパジャマ1枚で最高な睡眠が得られると思いますよ。汗をかいても、まったく素肌にべとつきを感じません。

個人的には、自宅で過ごす時はずっとこのガーゼ素材の衣服でよいのではないかと思うくらいお気に入りです。からだがストレスフリーな状態が続きすぎて、緩んでしまいそうで心配ですが・・・・。

いろんなストレスの中で生活している私達にとって、睡眠時くらいは最高の就寝環境を得たいものですね。眠る時は、ストレスフリーなガーゼパジャマでしっかり眠り、次の日のパワーを十分にためる事ができたならどんなに幸せなことでしょう。

 

ガーゼパジャマのいいところ

ガーゼのパジャマと聞いて、なんとなく良いものなのだろうと想像する方は多いのではないでしょうか。そして、ガーゼ生地が他の生地と比べて何が具体的に良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。そもそも、パジャマはどのように選べばよいのでしょうか。いくつかの条件があります。

・快適なパジャマ選びの条件

肌触りがよいこと・・・このガーゼ、個人差はあるとは思うのですが、私は今まで着たパジャマの中で1番肌触りがよかったです!!眠りにつくスイッチが入ります。その肌触りが、着れば着るほどよくなっていくのです。初めての着心地に驚く方も多いのではないでしょうか。

温度湿度の調節がしやすい・・・温度調節機能としては、夏は通気性がよく涼しく感じられます。また寝ている間の汗を素早く吸収してくれベタつきを感じません。冬は2重ガーゼのため、パジャマの上に1枚羽織るか布団の中に入ると、空気の層が暖められ保温効果が続きます。ガーゼは温度や湿度をうまくコントロールすることができます。

寝返りをうちやすい(締めつけ感がない)・・・手首から足首まで、ガーゼ生地が覆っているのですが全く窮屈さを感じさせません。もちろん、パジャマ用にゆとりをもったかたちにはなっていますが、とにかく柔らかいため動きが妨げられると感じることはありません。

丈夫であること、洗濯しやすい・・・洗濯は、洗濯機で丸洗いすることができます。乾きも早いです。ほぼ毎日のことなので、お手入れのしやすさも重要ですね。

・パジャマの生地として他に、綿、シルク、麻、化繊などがあります。 織り方や編み方によって、同じ綿でも天竺、ネルなど、特徴の違ったものも出来上がります。

綿は吸湿・吸水性に優れ、取り扱いが簡単なので日常に身につけるようなものにはピッタリな素材なのですが、眠りスイッチを誘うには少し物足りなく感じます。

シルクは吸水性、放湿性に優れ、さらに保温性にも優れているため、この特性よりパジャマに適した素材と言えます。しかし、デリケートな素材のためほとんどの場合、洗濯機では洗えず手洗いかクリーニングです。そうなると、パジャマとしてはハードルが上がります。

麻は天然素材の中でも最も丈夫な素材として知られています。綿、シルク同様、吸水性に優れています。さらに、速乾性にも優れており洗濯後の乾きが早くその点においてはパジャマに適しています。麻は、独特な清涼感のあるさらりとした風合いも特徴の1つです。暑い夏に心地よさそうですね。

化繊のパジャマと言うと、まずフリースを思い出します。近年、冬の定番とも言われるくらい誰もが持っているのではないかというものになっています。とても軽くお手入れも簡単で、見た目にもふわふわで暖かさを感じます。お値段もお手頃なものが多いですね。ただしパジャマとしては、汗を吸収しにくいことが最大のデメリットではないでしょうか。静電気が起こりやすいことも、安眠を妨げそうです。他に、スウェットやジャージー素材のものをパジャマとして着られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。よく聞く話ですが、もともとパジャマとしてつくられたものではないのもをパジャマとして着ているという方。おそらく、こういう方にこのガーゼパジャマを着ていただけたら感動されると思います。そして、安眠を体験することができるでしょう。

以上のことから、やはりガーゼ生地が最もパジャマに適しているのではないでしょうか。

 

和晒しガーゼとは

ガーゼに和晒しガーゼと洋晒しガーゼと言う呼び名があるとをご存知でしょうか?晒しというのは、ガーゼ生地をつくる際に、天然の綿花の持つ脂質や不純物を取り除く工程のことです。現代では、ガーゼというと一般的には洋晒しガーゼであることがほとんどです。

・和晒しとは、和晒釜という大きな釜を使い、丸4日間かけて丁寧にゆっくりと繊維にストレスを与えないように綺麗にしていく工程です。繊維を壊さないため、なんとも言えないふんわりした肌触りに仕上がります。酵素や天然水を使い、薬品や化学物質は使わないためベビー用品などには特に安心です。和晒釜は、日本に数台しかない貴重なものなのです。

・洋晒しとは、自動精錬機を使い数十分という短時間で塩素系漂白剤などの化学物質を添加しながら晒す工程のことです。生産性を重視した晒し工程なのです。安全性に不安があります。肌触りは、和晒しガーゼに比べると劣ります。

ガーゼ製品として出回っているものの多くは洋晒しガーゼです。特に洋晒しガーゼとうたってはいません。是非、和晒しガーゼの安全性や肌ざわりのよさを体験してください。

 

こだわりの和晒しガーゼを使ったパジャマを今夏発売に向けて制作中!

現在発売に向けて商品開発を頑張っています!発売日時が確定次第更新しますので、今しばらくお待ちください。

和晒しガーゼを使用したおすすめ商品

就寝環境をより良いものにしたいとお考えの方、より健康的な生活を求めている方、今よりもワンランク上の生活スタイルを目指している方に、是非多くの和晒しアイテムをお使いいただけたらと思い商品開発をしています。

パジャマの他にも現在、6重ケット、シンサレートケット、敷きパッド、布団カバー、クッションカバー、タオルなどを絶賛販売中!

中でもベビー関連アイテムは人気なので一部を紹介します。

和晒しガーゼミニタオル(ハンカチ)

安心素材の和晒しガーゼ、是非赤ちゃんにも使っていただきたくベビー用にもいろんな商品がございます。ガーゼは産後にだいたい10枚くらい準備があるとよいようです。ミニタオル(ハンカチ)24cm×24cmの4重ガーゼがおすすめです。

和晒しガーゼミニタオルのご購入はこちら

和晒し6重ガーゼケット

6重ガーゼケットは、ヘム部分が同じ和晒しガーゼ生地ではないものを使って作られていました。とても柔らかい和晒しガーゼ生地でヘムを作ることがとても難しかったためです。ヘム部分の、肌触りや小さなお子様が口に入れた時のことなど考えた時に、やはりヘム部分を和晒しガーゼにしたいという想いが強く、今の商品でやっと実現できたのです。サイズは、ベビーからクイーンまで6サイズ展開しています。

和晒しガーゼ6重ケット【ベビー:95×120cm】 のご購入はこちら

和ざらし 2重ガーゼ まあるいスタイ

スタイは、かたちは全て同じですが色違いで4種類ございます。中央についているリボンも和晒しガーゼで1つ1つ丁寧につくられています。男の子の赤ちゃんでも蝶ネクタイがイメージされます。ガーゼ生地の間には、防水シートも入っており、そのシートも安全なものを使っています。

ナチュラルアイボリーは、すべて和晒し生地を使っており、見た目はとてもシンプルですが安全と品質重視の方にはおすすめです。お宮参りなどのセレモニースタイとしても赤ちゃんを引き立ててくれると思います。

カフェオレベージュは、無地のシンプルなお洋服のアクセントとなるようなカッコよさを感じさせます。

ヴィオレピンク、グリーズブルーはとても優しい色で、どんなベビーのお洋服に合わせてもしっくりくるのではないでしょうか。

是非、普段はもちろんお出かけ用のスタイとしても使っていただきたいものです。ギフトとしても、安全な品質にこだわったもので自信を持っておすすめします。

和晒しガーゼスタイのご購入はこちら

紹介した他にも、和晒しの寝具などたくさん販売しています。リピーターの方もたくさんいらっしゃいます。是非、チェックしてみて下さい。

和晒しガーゼのチェックはこちら

Pocket

公開日:2018年4月13日 更新日:2018年5月10日 ©健康寝具専門店くじめ屋